YAMAP×MITSUBISHI MOTORS

MOUNTAIN LIFE #02

仕事と遊びをスケールさせろ。男を磨く週末ソロ登山

電気自動車のアウトランダーPHEVをフル活用し、山と自然を快適に楽しむシーンを紹介していく本コーナー。今回のテーマは「ソロ登山」。「最近、仕事に追われている」「週末は朝寝坊してばかり」なんて状態に陥っているとしたら、今すぐフィールドへ出かけよう。リフレッシュの方法はいろいろあるけれど、アウトドア、なかでも車中泊で行く朝駆け登山は大人の男にぴったりのアクティビティ。最適化された空間で過ごすひとりの時間、冒険心くすぐられる夜間山行、心揺さぶられる山頂からの朝焼け…。全力で遊びきった週末こそが、ウィークデイの活力に繋がるのだ。

アウトランダーPHEV

「秘密基地」を走らせ、山へ

金曜日。仕事を早めに切り上げ、「秘密基地」化したアウトランダーに乗り込む。車内には登山、クライミング、キャンプ…と、各アクティビティに対応できるアウトドアギアを厳選して配置。登山に必要なウェア類はザックに詰め込んで、そのまま車中泊できるよう、寝袋やシートも用意してある。コッヘル、バーナー、それからコーヒー豆も忘れずに…。必要アイテムを詰め込んだ秘密基地に乗り込んで、いざ山へ。

山道でも安定の走り。快適なひとりドライブが楽しめる

車中泊も可能なゆとりある空間。フィールドを舞台に遊ぶのにはうってつけの相棒だ

理想の充電環境が叶える、大人の遊びと仕事術

登山口付近へ向かう途中、湖のほとりでひと休み。沸かしたコーヒーを飲みつつ、残してきた仕事を片付けたら、ドローンを飛ばしてみる。合間で今晩の星空撮影に備えてカメラを充電。PCもカメラもドローンも、バッテリーの減りを気にすることなく、自由自在、気の赴くままに遊びを楽しむことができるのは、アウトランダーならでは。理想の充電環境があればこそ、移動しながら仕事も遊びも思いっきり楽しめるというわけだ。

湖畔でドローンを飛ばす

電源があるからPC作業も機材充電も思いのまま

誰にも何にも縛られない自由な時間

夕暮れ時、三つ峠山登山口付近の駐車場に到着。夕飯をサクッと済ませたら、車中でのんびりと過ごす。明日の行程をチェックしたり、PCで音楽や動画を楽しんだり…。眠くなったら寝ればいいし、気が向いたら星空を撮影してもいい。誰にも、何にも縛られない自由な時間って、なんて素晴らしいんだ。

秘密基地に格納されたお気に入りのギアをバックパックに詰める。明日の準備をする時間もまた愛おしい

地図やアプリで明日の行程をチェック

夜明け前、秘密基地を抜け出して

夜明け前、眠い目をこすりながら秘密基地を抜け出し、まだほの暗い森の中を歩く。その行為は、まるでちょっとした探検だ。子どもの頃に憧れたその感覚がどこか懐かしく、愛おしい気持ちになる。軽く上がる息に、徐々に温まっていく体。一歩一歩足を前に運びながら、自分がヒトという生物であることを実感する。溜まっていた疲れが汗と一緒に流され、悩みだってちっぽけに思えてくる。どうやら登山には、そんな力があるようだ。

暗闇の中、ヘッドランプの明かりで準備を始める

アウトランダーは車中泊にもちょうどいいサイズ

登頂、そして感動の朝焼け

出発から2時間ほどで三つ峠山頂に到着。そこには、でーんとそびえ立つ富士山が待っていた。日の出とともに赤く染まる姿が美しく、ただただ見とれてしまう。「明日からまた仕事頑張ろう」と、自然にやる気が湧いてくるのは気のせいだろうか。ほどよい疲労感と心地よさを胸に、富士山を後にした。

澄んだ空気と若干の肌寒さを感じながら、夜明けを待つ

目の前には朝日に染まりゆく富士山。森林部分までくっきりと見える

撮影協力 株式会社エイアンドエフ スポルティバジャパン株式会社 小田急山中湖フォレストコテージ

#01 たまにはゆっくり自然のなかで。
絆が深まる親子CAMP&HIKE

他の記事を見る

アウトランダーPHEV
TOPの戻る